ブルックス ブラザーズ×アイ ジュンヤ ワタナベ マン新作ジャケット、アジア風パターンの裏地

ブルックス ブラザーズ(Brooks Brothers)とアイ ジュンヤ ワタナベ マン(eYe JUNYA WATANABE MAN)とのコラボレーションによるジャケットとシャツが登場。2022年3月23日(水)より、全国のアイ ジュンヤ ワタナベ マン正規取扱店、ブルックス ブラザーズ 表参道、大阪にて限定発売される。 ブルックス ブラザーズとアイ ジュンヤ ワタナベ マンのコラボレーションウェアが、今季も登場。 ジャケットは、ブルックス ブラザーズの代表的なネイビーブレザー「マディソン フィット 3ボタン サック モデル」をベースにデザイン。部分的なアレンジではなく、ジュンヤ ワタナベ マンのパターンで一から再構築している。カットオフやステッチなどのディテールにもこだわっているほか、裏地の脇あて部分には”ブータンの旅”をイメージしたアジアンテイストな柄を取り入れた。 オックスフォードのボタンダウンシャツは、胸元に”eYe”のロゴを刺繍。また、カフス部分には、ジュンヤ ワタナベ マンの2022年春夏コレクションで使用された生地を採用してアクセントを効かせている。 【関連記事】:グローバル最新ファッションブランド/デザイナー情報

マラミュート 2022年秋冬コレクション – 偶然がもたらす高揚を衣服に宿して

マラミュート(malamute)の2022年秋冬コレクションが、2022年3月18日(金)に発表された。テーマは「out of action」。 行動制限のあった2年間を振り返る中で、洋服を着る“オケージョン”ではなく、瞬間的な“シーン”について考えを巡らせたというデザイナー小髙真理。彼女が思い出したのは、パリのポンピドゥー・センターで、田中敦子の電気服と出会ったときの一コマだ。明滅するドレスと対峙した時の偶然の光景が、今でもはっきりと目に浮かぶのだという。 時を経ても、ふたたび思い出すほどの出来事――このハプニングともいえるシーンを落とし込んだのが今季のコレクション。日常の中に突如として現れるシーン、その瞬間に生まれてくるハラハラ、ドキドキする高揚感を、“スタイリングの楽しさ”がある洋服で表現している。 象徴的なのは、ブランドが得意とするニットとジップのコンビネーションだ。バイカラー仕立ての花柄ジャガードスカートにはスライダー付きのスリットを、ハイゲージのカーディガンのフロントにはダブルジップを取り入れた。ファスナーを開閉するだけで自由自在にシルエットを変えることができるピースは、洋服を纏う人の瞬間的な感情の機微にまで寄り添ってくれる。ウエストにタックを入れたニットコートも、その時々の姿勢や着こなしによって印象ががらりと変わる、“遊び”のあるピースだ。 【関連記事】:ホリデーコレクションに人気アイテムが花をあしらった限定パッケージで登場

オメガの手動でのボス、重大なコアのアップグレード

今年はオメガの超覇が月に到達して50周年(1969~2019)、先日オメガが月面トップで使用された321手動上弦時計のムーブメントの生産を再開すると発表しました。これらの情報から、今年はオメガが大きな仕事をするということが分かります。先日、オメガは金頭ゴールドチェーンの手動オーバーラン限定表を発売しました。即ち「アポロ11号」50周年記念表です。1014個限定です。
理屈から言えば、オメガが金のシェルを作ってマニュアルで覇を超えるということは、特に言うべきことではないです。金の頭の金の鎖のため、この表の公価は必然的に20万以上で、公価はとても高くて、しかも数量限定で、大部分のプレーヤーにとって、足りません。しかし、よく見てみると、このゴールドシェルはムーブメントの中で手動で超覇していることに驚きました。これまでにない新しい手動上弦シャーシを使用して、番号3861、すなわち1861のアップグレード版です。これは私たちとの関係がとても大きいです。これは、各プレイヤーが一番多く買って、一番多く遊んでいるスチールケースがマニュアルで制覇しています。将来には大きな可能性があります。この新型3861手動で時計の芯を交換します。
ヨドバシ.com – ロレックス腕時計 通販
だから今日はまずこのムーブメントの状況を説明します。
オメガの手動スーパーボスのムーブメント脈絡は非常に簡単で、使用状況は以下の通りです。
第一、321ムーブメントは1957年から使用され、1968年まで生産停止となりました。
第二、861/1861ムーブメントは、1968年に321ムーブメントを引き継ぎ、今に至るまで使用されています。
第三、3861ムーブメント、すなわち最新発表の手動スーパーボスムーブメントです。
現在市販されている手動スーパーボスは、1863のムーブメント(861/1861の装飾バージョンで、本質はすべて1つのムーブメントです)を使用しています。861/1861ムーブメントは水平離合、カム、手動上弦計時ムーブメントです。861/1861のムーブメントの構造は非常に伝統的で、古典的で、アンティーククロノグラフのムーブメントの原風景を維持しています。前世紀の60年代から今日まで、構造の変化は何もありませんでした。今日でも、オメガは同軸縦技術、至臻天文台技術、15000ガウス磁気防止技術を全面的に普及させました。今日発売された手動スーパーボスは50年前の姿とムーブメント構造を維持しています。
現在、オメガはついに50年にわたって服役している861/1861シリーズのムーブメントに重大な技術のアップグレードを行いました。861/1861手動計時機芯において、同軸縦断、至臻天文台、15000ガウス防磁技術を使用して、改造してアップグレードしたムーブメントは、オメガの新しい3861手動計時機芯である。
新型の3861ムーブメントは861/1861のムーブメントの既存の構造を維持しており、依然として水平離合、カム構造が見られます。ムーブメントの重大な変化は、チルト、サイクリングに発生します。オメガは3861のムーブメントの上で以前の伝統的なレバーを同軸に捕らえて縦断することに変えて、前のSi 14シリコンを使って糸を遊ぶこと、Incabloc避震器をオメガの主力のNivachoc避震器に変えて、変化は明らかです。改良後、3861のムーブメントはオメガの最高峰天文台基準(0/+5秒の誤差基準)に達し、15000ガウスの磁気防御能力を備えています。オメガの主力8800/8900/9900のムーブメントと一致しています。
1、以前861/1861のムーブメントはオメガの既存の腕時計の中で、唯一同軸で縦を縛る時計がなくて、今3861出現して、オメガのすべての腕時計は全部同軸で縦を縛ることを実現します。
2、以前861/1861のムーブメントは完全に伝統的なクラシックのムーブメントで、オメガの最新の技術を備えていません。3861ムーブメントは完全にクラシックタイムマシンの芯の構造とオメガの最新の技術を結合し、古典と現代を兼ね備えています。
https://www.tokei777.com/omega
現在3861のムーブメントは、この限定の「アポロ11号」50周年記念金シェルの手動オーバーランにしか使用されていません。しかし、3861ムーブメントが出た以上、この表だけではなく、将来的にはより多くのマニュアルのボスに普及するはずです。ですから、プレイヤーの皆様とは関係があります。
私達は以前市場でよく見られていたスーパーボスは、主に鋼の殻や一部の陶磁器の殻であり、スーパーボスは運動表であり、金頭金鎖のスーパーボスは市場では珍しいです。今オメガがこの金の頭の金の鎖のスーパーボスを出して合理的ではありませんか?合理的です。全金の超覇には出典があるからです。1969年に人類が月に着陸しました。これは人類の歴史上の重大事件です。盛大に記念しなければなりません。1969年に、オメガは初めて金冠チェーンの全金超覇を発表しました。人類の月面着陸の成功を記念して、当時も1014匹を生産しました。歴史上のこの金の殻のスーパーボスはまた当時のアメリカの大統領と副大統領(大統領はニクソン)といくつかの宇宙飛行士に贈呈して、しかも残りの約975匹は民間の市場に投入します。これはオメガ史上初めての全金覇の由来です。今日の「アポロ11号」50周年記念表は、「再現」のための歴史上初めての全金超覇です。

オメガディスク飛名士の腕時計

オメガは、オメガが女性 ために洗練された典雅腕時計を作った悠久 伝統的なも を、オメガに踏襲した。今回、オメガは、新しい蝶飛名典シリーズ リスト 中からクリエイティブなアイデアを汲み取り、前衛的なコンセプトをデザインしたデザインで、身につけた自信風貌を演出し、ファッションセンスを示している。
オメガ OMEGA 時計|ブランド腕時計通販GMT
新しいディスク 飛名 シリーズ 女性 腕時計は経典 設計 中で多く 現代的なファッション 美学要素を溶け込んでいます。生地が薄くてシックで、39ミリと36ミリ 選択が可能です。こ 金は、Serna®18 K 材料で36ミリ 表を採用した。
各腕時計 表殻 両側にはみなきらめきをはめ込み、魅惑 曲線を呈する。表冠 花 図案は、5つ オメガ ブランドマークが重ねて構成され、赤 液状陶磁器で作られ、花しべはきらきら光るダイヤモンドを作り、精緻で独特です。リフレーション 表盤には、クラシックなローマ時間目盛りが印刷され、こ 時計 得品 倍に高貴な上品な気質を加えた。
それぞれ 腕時計は、表殻 両側にある曲線に沿ってダイヤを張る。
腕時計 側面は細やかで、曲線は自然で、深い茶色 皮 表帯を搭載しています。
https://www.tokei777.com/omega
オメガディスク飛名典さん 腕時計には、9種類 違いがある。腕時計 殻 殻は、精鋼またはSerna® 18 K 金によって作られ、織物や皮 表帯を組み合わせます。表盤 デザインは多様で、黒、灰色 茶色、白、青、浅い銀色 表盤、真珠 雌貝 表盤が含まれています。

オメガと手を携えてNASA宇宙飛行士の特里・フーツはオメガの宇宙伝奇に敬意を表した

オメガ超制腕時計 宇宙伝奇

1957年に誕生したオメガ 超覇腕時計は、最初はレーサー運動 ために生まれ、しっかりした構造と精確なカウントダウンと便利な読み取り機能を持っている。オメガ 超覇腕時計は設計、耐久性、腕時計機能 面で 卓越した表現で、そ 後 宇宙探索 過程 ために堅固な基礎を築く

オメガが誇るレディスウォッチ

1962年、アメリカ 宇宙飛行士ワルト・シュエラが水星計画を実行する際にオメガCK 298超制腕時計を身につけて宇宙に入りました。

1962年、アメリカ 宇宙飛行士ワルト・シュエラがプライベートで購入したCK 298 超制腕時計が宇宙に入り、初めて宇宙に入ったオメガ 腕時計になった。当時、CK 298 超制腕時計が水星計画 「シークコード7号」を実行していたことがあったが、オメガは腕時計 宇宙を超えて幕を開けた。

1969年7月21日、宇宙飛行士 バズ・オルドリン(Buzz Adrin)がオメガ 超覇腕時計を月面を歩く

1964年、NASAは有人宇宙計画 腕時計を探し始めた。彼らは、異なるブランドから数枚 時計を選んで、宇宙環境に入ったすべて ハードウェアを経験する必要がある。ただ、オメガ 超制腕時計だけが真空環境において、極端な温度、振動、強い衝突など 一連 厳しいテストを成功させた。1965年3月1日、NASAはオメガ 超覇腕時計が「すべて 有人宇宙飛行 任務に参加するため 腕時計」として、宇宙飛行士 宇宙進出に関する忠実なパートナーとなったと発表した。

1969年7月21日、ナイア・アームストランとバズ・オルドリンが月 表面に踏み込んだとき、オメガ 第4世代 超覇腕時計はオメガ 初 「月表」になった。未知 勇気を探求し、革新的な科学技術と卓越した専門技術を探求し、人類を月に登らせ、宇宙飛行士 腕 間 超制腕時計は、こ ような先鋒精神に対する証言と解釈である。

オメガが宇宙飛行士を探索して宇宙を探索する中で、アポロ13号 任務は間違いなく心を動かす経験に違いない。1970年4月、宇宙任務を実行していたアポロ13号は、機内で 事故によって通信が麻痺したことにより、宇宙飛行士はオメガ 超制腕時計で、エンジン 発火時間を正確に計算し、安全に地球に復帰することができました。アポロ計画に対するオメガ 貢献を表彰するため、NASAはオメガに「スヌーピー賞」を授与した。

アメリカ国家航空宇宙局(NASA)は、最高 栄誉「スヌーピー」をオメガに贈られた

オメガ 超覇腕時計は、宇宙飛行士が人類に参加して全6回 登月に参加した。今では、オメガ 超覇腕時計は、すべて 有人宇宙飛行計画 中で使用され、すでに国際宇宙ステーション 永久設備 一つとなっています。

重要な宇宙装備 一つとして、オメガは今回 『星 奇境』宇宙特展で数枚 貴重な時計を展示し、観客にブランドを探索する先鋒精神を見せた。

オメガは1959年、改良された超覇シリーズ 腕時計、CK 298が発売された。それは対称 表殻と321機 コアを保持していますが、新しい「斜め角」 針で前作に採用された指針に代わりました。また、CK 298によって採用された黒 アルミ製 速度計表輪も超制腕時計 標準設計となっており、これまでに使用されている。1962年、水星計画宇宙飛行士 ワルター・シュエラがプライベートでCK 298腕時計を購入した。そ 後、こ 超覇腕時計が「西格コード7号」に登って星星計画 任務を実行し、CK 298を宇宙に進出するオメガ 超制腕時計となった。

1969年、アポロ11号 成功に成功した。宇宙飛行士 バズ・オルドリンは、第4世代 オメガ 超制覇シリーズ 専門腕時計を身につけて月 表面を踏んだ。こ 腕時計は月に身をつけたオメガ 腕時計となって、「月表」に輝いた。デザインでは、こ 腕時計は、オメガ 首に非対称な表殻を採用した超制腕時計で、それを表冠とボタンとして追加 防護を提供しています。表盤には「プロフェス」という文字が刻印されている。

https://www.tokei777.com/omega

オメガ 超制覇シリーズは、宇宙探索史上に唯一 地位を持つ。「双子星」は、現在 国際宇宙ステーション計画まで計画しており、超制覇 プロカウントダウンは常にNASA 唯一 認証 すべて 有人宇宙飛行任務に参加可能な装備である。今回展示されたオメガ 超制覇シリーズ 「月表」は、初 月表に稼働した同金1861 心根を搭載し、オメガ 非凡な登月伝奇に敬意を表した。

今では、オメガ 超覇腕時計は、すべて 有人宇宙飛行計画 中で使用され、すでに国際宇宙ステーション 永久設備 一つとなっています。1848年から、オメガは製表業 技術 開拓 先鋒であるが、宇宙探索は常にブランド 非凡な物語 中 輝かしい文章である。歴史を振り返るとともに、オメガは、先鋒精神を追求し、より多く 伝奇を作り上げていく。

最初のブログ投稿

これは最初の投稿です。編集リンクをクリックしてこの内容の変更や削除を行うか、新しい投稿を追加しましょう。この投稿内で、なぜブログを始めたのか、どんなことについてブログを書いていくのか、といったことを読者に伝えるのもよいでしょう。ヘルプが必要な場合は、サポートフォーラムを利用して、フレンドリーな人々に質問してみましょう。